海外FXをする前に覚えるべきこと

無許可営業をしていると注意しよう

海外FXはレバレッジが高く一獲千金を狙え、新規口座開設や入金でボーナスをもらえるなど魅力が高いように感じます。
しかし、実際には日本の金融庁ではレバレッジが規制されゼロカットが禁止されているため、無関係な業者が多く国内では利用をおすすめしていないことが特徴です。

このため、業者選びは自己責任で行い安心してトレードができるようにする必要があり、許可を受けていることを確かめて決める必要があります。
しかし、実際には無許可営業を行っている業者が多く、せっかく利益を出しても出金が拒否されそのまま倒産すると預けた資金を失うなどリスクが高いです。

また、詐欺の被害も多く発生しているため事前に口コミを確かめ、副業として海外FXをするためにはそれなりのリスクがあると認識する必要があります。

トレードの仕組みを確かめよう

海外の業者は国内にはない魅力が多く興味をそそられるものですが、詐欺の被害にあうと無意味になります。トレードの仕組みはNDD方式で約定率が高く短期売買をしやすいことが魅力で、レバレッジが高く一獲千金を狙えることが特徴です。

また、新規口座開設や入金でボーナスをもらえ元手にトレードをできますが、出金をするためには利益を出すなど条件があります。

海外の業者は総合課税扱いになり国内より税金が高くなりますが、確定申告で通信費用や準備した備品の価格を経費として申告すると節税ができて便利です。

また、追証なしのゼロカットを採用し口座残高不足になっても補填してもらえ、借金を背負わず安心してトレードができることでも注目されています。

このような業者は要注意

海外FXをするときは日本の金融庁の許可を受けていないため自己責任ですることが求められ、詐欺の被害にあっても自己解決をする必要があります。
また、資金管理は信託保全が義務付けられていないため、業者が倒産すると預けた資金は戻ってこないことも多いです。

近年ではホームページで金融ライセンスを受けていると紹介されていても実際にはそうではないこともあり、経済事情が不安定で急に倒産することもあります。
業者との情報のやり取りはメールや電話で行いますが、日本語に対応していないとトラブルが起きても問い合わせることができず詐欺が発生しやすいです。

このため、業者の情報が曖昧で信託保全や金融ライセンスがなければ詐欺の被害にあうリスクがあり、泣き寝入りをしないようきちんとリサーチをする必要があります。